美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ヒアルロン酸とコンドロイチン配合のサプリメント





どのような人が、ヒアルロン酸やコンドロイチンを配合したサプリメントを日常から服用すべきなのでしょうか。


ヒアルロン酸やコンドロイチンが欠乏すると、関節痛やひざの痛みという形で出てきます。


コラーゲンを、ヒアルロン酸とコンドロイチンの他に加えたタイプのものがあります。


このサプリメントは、軟骨のクッションを復活させ節々の痛みを解消するものです。


コンドロイチンやヒアルロン酸を補完し、関節痛の軽減効果をアップする成分には、軟骨に存在するグルコサミンがあります。



グルコサミンは、カニやエビなどの甲殻類の外殻を形成するキチンの構成糖として存在しています。


錠剤の形のサプリメントでヒアルロン酸やコンドロイチンを摂取するものがあります。



カプセル状になっているサプリメントも存在します。


ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する成分ですが、加齢と共に減少しやすい成分です。


天然食材の中では、フカヒレ、魚の目、鶏のトサカといった部位にコンドロイチンやヒアルロン酸は存在しています。



これらは全て、日常的に食べることが困難な食材揃いです。


つまり、ヒアルロン酸やコンドロイチンを体内に取り入れるにはサプリメントが最適と言えるでしょう。


ヒアルコラーゲン


| 健康法 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ヒアルロン酸とコンドロイチンとは






健康増進効果や美容効果があるサプリメントに配合されている成分として聞くものに、コンドロイチンやヒアルロン酸があります。



コンドロイチンはムコ多糖類で、ヒアルロン酸とは互いに関連がある物質です。


加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。


フカヒレなどに多く含有されているヒアルロン酸からコンドロイチンが作られます。


コンドロイチンは動植物の体内に広く存在し、主として骨を覆う軟骨などに存在します。



体内の水分量を保つ効果があり、脳や血管、角膜などの人の体の重要な部分にもコンドロイチンがあります。


ヒアルロン酸も身体の様々な部分で必要とされており、コンドロイチン同様あらゆる部分にあります。


粘性と保水力が高いヒアルロン酸は、体内で保水の必要な部分にあり、間接、皮膚、目の奥の部分などに多く見つけ出されます。


年齢を重ねるとヒアルロン酸やコンドロイチンの体内量が減少し、身体は保水力を失っていきます。


皮膚中のコンドロイチンやヒアルロン酸は、40歳頃から格段に減ってしまいます。


体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります。


健康や美容を目的としたサプリメントには、これからもヒアルロン酸やコンドロイチンが用いられていくでしょう。


え!まだ飲んでないんですが?

低分子ヒアルロン酸サプリメント『関極』登場!


| 健康法 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コエンザイムQ10ドリンクexに入っている成分





コエンザイムQ10ドリンクexには、いくつかの健康成分が含まれています。


コエンザイムQ10ドリンクexの核となる成分は、言うまでもなくコエンザイムQ10です。


コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産をする際に欠かせない酵素です。


食品で多くのコエンザイムを含むものには、レバーやモツ、牛肉、カツオ、イワシなどがあります。

また、コエンザイムQ10ドリンクexの中にはL-カルチニンが入っています。


L-カルニチンは、アミノ酸の一種のリジンが体内で変化した物質です。

L-カルニチンの体内での量は、加齢と共に少しずつ減っていきます。


大豆ペプチドもコエンザイムQ10ドリンクexの成分です。


大豆のたんぱく質から作る成分で、たんぱく質が分解吸収される一歩手前の状態です。


大豆ペプチドは大豆タンパク質とアミノ酸の良いとこ取りのような物質で、代謝を促進しダイエット効果も期待されます。



この他、黒コショウを抽出して作るバイオペリンはコショウ独特の辛味ピペリンを主成分にしており、エネルギー代謝を活性化させる効果が期待される物質もあります。


コエンザイムQ10ドリンクexには、このバイオペリンも配合されており、コエンザイムQ10の吸収率をアップさせています。



健康食品のリフレ『Q10リポ酸』
| 健康法 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コエンザイムQ10の特徴
プルジュレ コエンザイムQ10 180g


酵素を助ける働きをするコエンザイムQ10。


体内の様々な場所で活躍しています。


コエンザイムQ10が最も多い部分は心臓で、他の体内臓器より多くのコエンザイムQ10が心臓に存在します。


現に、コエンザイムQ10を摂取したことで心臓病によい効果があったということもあります。


コエンザイムQ10は体内のあらゆる細胞に存在するため、免疫系などにも影響を及ぼしています。



コエンザイムQ10は、人体が必要とするエネルギーを生産するのに関わっています。


コエンザイムQ10のおかげで、細胞は元気なのです。


また、コエンザイムQ10の働きで有名なものが抗酸化力です。


活性酸素の攻撃を防ぎ、身体を酸化から守って生活習慣病などを予防します。


コエンザイムQ10は脂溶性成分として知られています。


コエンザイムQ10をサプリメントにする時は、ソフトカプセルに油で溶かして入れるという形です。


カプセルでは飲みにくいという人も少なからず存在します。


アスティ社のコエンザイムQ10ドリンクexなどは、カプセルが得意でない人でも飲める液体状です。


ドリンクにすることによって、カプセルが苦手な人や、サプリメントを持ち歩くのが面倒な人でも、気軽にコエンザイムQ10を摂取できます。


プルジュレ コエンザイムQ10 180g
| 健康法 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コエンザイムQ10とは





コエンザイムQ10は、日本では1970年代から医療用医薬品としてうっ血性心不全症状などに用いられてきました。


いくつかの製薬メーカーは、医薬部外品や一般用医薬品としてのコエンザイムQ10商品を販売し、順調に売り上げを伸ばしているようです。


アメリカでは多くの人がサプリメントとして利用しており、その安全性は高く評価されています。


コエンザイムQ10を手に入れるために、処方箋は必要ありません。


日本でも2001年に医薬品の範囲に関する基準が改正されて、さらに2004年化粧品基準が改正されました。


サプリメントの中でも、化粧品や健康食品など様々な分野に利用することができます。


抗老化作用を訴求したコエンザイムQ10が入った健康食品や化粧品が市場に出回るようになりました。


品薄で入手しにくいほどの人気を博しています。


コエンザイムQ10は、しかしながら、そのような薬効を臨床的に検討したデータはまだあまりありません。


具体的な証明については、まだなされてないということが現状です。



今では、美容や老化防止を目的としたクリームや飲料など、様々な形に加工されたコエンザイムQ10が市場に出回っています。



サプリメントの中でもコエンザイムQ10を使う商品は多くの人が購入しており、様々なサプリメントに用いられている成分です。


コンセプトは『健康への愛』

| 健康法 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
青汁三昧のゴーヤー
素材活力 ゴーヤー茶 2L*6


青汁三昧には、ゴーヤーが三大原料として含まれています。


沖縄ではよく知られているゴーヤーは、最近では普通に店頭に並ぶようになっています。


青汁三昧に使われれているゴーヤーの味は苦く、そのため苦瓜とも呼ばれています。


昔から、沖縄ではゴーヤーの苦み成分は血液をきれいにし、血圧を安定させる効果を持っていると言われていました。


ビタミンCやカリウムが多く含まれる健康野菜であることから、青汁三昧にぴったり成分なのです。


ゴーヤーの果皮には、モモルデシンとチャランチンと呼ばれる成分が入っており、それが苦みを感じさせます。


血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。


青汁三昧の原料となるゴーヤーは、その果実や種子の中に、人間の体内でガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させる物質を含んでいます。


このため、ガンの進展を防ぐ効果が期待されています。


青汁三昧は、中国の安徽省合肥他の地域で栽培されたゴーヤーを利用して製造されています。


本来、ゴーヤーは夏に収穫される野菜ですが、中国各地で栽培することで異なる季節でも手に入るようにネットワーク化されています。


そういった工夫をすることで、青汁三昧を作るためにいつでも品質の高いゴーヤーを入手できるようになっています。


素材活力 ゴーヤー茶 2L*6

| 健康法 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
青汁三昧の大麦若葉





青汁三昧に含まれる三大原料の一つに大麦若葉があります。


これは文字通り大麦の若葉で、大麦が20〜30センチに成長した時の若葉を刈り取って青汁三昧に加工します。


大麦若葉を原料として青汁を作ることで、味がよく飲みやすい青汁ができることが知られています。


大麦若葉を使うことで青汁三昧の飲みやすい青汁ができ上がります。


他の緑黄色野菜に比べると、大麦若葉は成長期に収穫することから、いろいろな栄養素(ビタミンやミネラルなど)がバランスよく豊富に含まれます。


大麦若葉に入っているビタミンCはホウレン草の33倍近くになりますし、カロチンは7倍に達すると言われますから、かなりなものと言えます。


それだけでなく、ポリフェノールや食物繊維といった成分も、大麦若葉には豊富に入っています。


大麦若葉は青汁三昧にぴったりの野菜であると言えます。


大麦若葉には抗酸化酵素が含まれており、活性酸素の働きを抑える作用があります。


現代人の体の中では、大気汚染やストレスに晒され続けることで多くの活性酸素が生み出されているため、青汁三昧はそれを抑えるのにも有効です。


中国の甘粛省蘭州で栽培された大麦若葉を材料として、青汁三昧は作られています。


使われている緑肥や堆肥の原料となる植物についても、化学肥料を使用せずに作られています。


青汁の老舗のこだわり!新製法の「極・細粒製法」

美味しくなった「キューサイ」粉末青汁
| 健康法 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コンドロイチンのサプリメントが注目されている理由





コンドロイチンのサプリメントはたくさん販売されており、コンドロイチンに対する注目度、関心度は非常に高まっています。


なぜ、コンドロイチンのサプリメントが注目されるようになったのでしょう。


日本は、今後少子高齢化がますます進み、高齢者の数は増える一方です。


このことから見ても、高齢者が元気で暮らし、被介護人口を増加させることなく、可能ならば減少させることが大事になってきます。


日本の社会においては、今後病気や怪我などの期間を可能な限り短くすることが目標にあげられてきます。


骨折や関節症などを起こすことは、高齢者が寝たきり状態になってしまう原因の一つです。


骨折は歩行困難をもたらし、それがきっかけとなり介護が必要な状態にまでなってしまうのです。


出歩くことができなくなったりすることで、骨折した人が認知症に陥るような場合もあります。


サプリメントでコンドロイチンを体内に摂取し、骨と関節の丈夫さを守っておけば、高齢になっても自分の足で元気に活動することができるようになります。


高齢者を元気にするコンドロイチンのサプリメントは少子高齢化の日本において注目されているのかもしれません。


高齢者は食品によってコンドロイチンを摂取しようとすると、肥満などにつながる可能性があるため、サプリメントによりコンドロイチンを補うことをおすすめです。


関節痛や骨折を予防するため、サプリメントを利用してコンドロイチンを摂取し、介護が必要ない老後を送りたいものですね。


2万人のクチコミで話題の関節痛解消法とは?


| 健康法 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
関節痛や神経痛にはコンドロイチンを




コンドロイチンを体内に取り入れる方法としてサプリメントのコンドロイチンがあります。


薬局やインターネットの通信販売を利用すれば、一瓶8,000円ほどでコンドロイチンを手に入れることができます。



コンドロイチンはさまざまな痛み――関節痛、神経痛、五十肩、腰痛など――に効果があるとされています。


関節痛は激しい関節の痛みを伴いますが、コンドロイチンは骨と骨の間で効果を発揮し、関節をスムーズに動かすためのクッション材となるため、それを和らげることができるとされます。




関節は膜様のもので覆われていて、神経痛とならないよう神経を保護しており、その関係はちょうど電線とゴムのようなものですが、この膜のようなものが傷ついた場合にコンドロイチンの働きで修復することができます。


五十肩は、肩関節周辺の炎症が原因です。


コンドロイチンは肩関節がもっている外力への抵抗力を保ち、変性を防ぐことで、肩関節周辺の炎症を抑えてくれます。




腰痛の原因のひとつに椎間板が変性を起こし骨化することがありますが、コンドロイチンが椎間板の水分を補給して、クッション作用を回復させるとともに椎間板の骨化を防いでくれる役目をしてくれます。




五十肩や関節痛のひどい痛みを和らげる効果があるとされるコンドロイチンは、続けて摂ることこそが重要です。


老化とともに体内のコンドロイチンはどうしても不足しがちになります。


コンドロイチンそのものは、体内で作り出すことが難しい物質です。


このため、このようなサプリメントなどで、コンドロイチンをコンスタントに補うことが大切です。



誰でも簡単にできるから安心!薬剤師がまとめた「関節ガイドブック」プレゼント中!

| 健康法 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コンドロイチンが不足すると





体内でコンドロイチンが不足してくると、いろいろな症状を引き起こします。


栄養素が食事で摂り込まれると、まず腸から血管に入ってコンドロイチンとコラーゲンの層を通り、各細胞に届けられるというようになっています。


コンドロイチンとコラーゲンの層がやわらかさを失っていると、栄養素は通過時に各細胞にしっかり行き渡らず、体の細胞を老化させてしまうことになります。


コンドロイチンとコラーゲンの層を通過するのは、細胞にある老廃物も同じで、その後排出されます。


そのためコンドロイチンが不足すると全身の新陳代謝が悪くなってしまいます。


コンドロイチンが不足すると軟骨の保水性、弾力性が失われることになり、関節痛がおこりやすくなります。


コンドロイチンが体内で生成されるのは主に成長期で、それが25歳を過ぎると徐々に減少していき、コンドロイチンの量は減るばかりです。


コンドロイチンが体内で生成される量が減少してくると、いわゆる老化が始まって体にトラブルを起こすことになります。



コンドロイチンが不足しているかどうかは、耳を触るとわかります。


本来とてもやわらかい外耳は、軟骨でできていますが、この外耳が硬いとしたら、それはコンドロイチンが不足していることが原因なのです。


コンドロイチンの不足は関節をはじめ、肌や頭皮など体全体の老化を引き起こす原因になります。


自分なりに普段から意識して、コンドロイチンの不足をチェックしてみて、早めの対策で体のトラブルを未然に防ぎましょう。



コンドロイチン

| 健康法 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ