美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
体脂肪を減らしたい人へ






確かに体脂肪は増えすぎると悪い影響をもたらしますが、減らすだけ減らしていっても良いのでしょうか。


体脂肪の必要性について考えてみたいのですが、まず体脂肪は、人間にとって必要なエネルギー源です。


人間の身体が完全な飢餓状態にされたとしたら、その身体は生存していくために栄養分をためていこうとするのです。


口から食べ物として摂取される栄養分は、じきにエネルギーとして消費されるもので、長い間とどまることはできません。


しかし体脂肪は効率よく身体にとどまることができ、たとえしばらくの間、栄養が入ってこなくても、しばらくは生存できるようになっているのです。



次に体脂肪は、体温の維持の役割があって、暑さ、または寒さからも守る働きをしています。


体脂肪には、身体の臓器を守るために、その温度を一定に保つ役目を持っているということです。


脂肪が少な過ぎると温度変化に対応出来ず、体温が低下し病気をしたり、時には人間の命を危機にさらしたりします。


さらには体脂肪は、ホルモン分泌を促すという役目もあり、食欲などの調節といった働きもしてくれるのです。


このことは体脂肪が、単なるエネルギー源として蓄えられるだけでなく、生きていくために大切な働きをしているのだということを意味します。


ダイエットが必要な場合でも、正しい知識を得ずにただやせようとすることは、時には危険を伴います。


体脂肪は健康的な身体を維持していくためにも、全くないほうがいいわけではなく、自分の理想の体脂肪率を知った上で、常にチェックしていきましょう。


楽天市場ダイエット酢ランキング1位
| 減量法 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
食事と運動で痩せる



リバウンドしやすいダイエットは、低カロリー食品だけを食べるダイエット法です。

ダイエット時にリバウンドを防ぎたいと思ったならば、適度なエクササイズや適切な食事がポイントです。


パンやお米を断つ人もいますが、炭水化物のない食事は低血糖の元です。

基礎代謝上げる筋肉を作るために意識して豆製品や脂肪の少ない肉類(ささみ等)を摂ることも大切です。

脂肪を燃焼して筋肉を作るには、炭水化物が燃料となります。
その他にも、ビタミン類やミネラルも健康を維持するには欠かせません。



ビタミンを含む野菜やミネラル豊富な海草類も摂取しましょう。

運動を続けるには、毎日少しずつを習慣づける必要があります。

まず15分くらいのウォーキングで体を慣らします。



15分というと長そうですが、1日のうちの1%と思えば気は楽になるのではないでしょうか。


1日の総摂取カロリーが総消費カロリーを下回れば体重は必ず落ちます。


ダイエットのポイントはいかに脂肪を落とし、付きにくい体にするか。

これがリバウンド防止にも繋がります。

理想的な食事のタイミングは、強い空腹感を感じないよう食事回数を増やし、1回の食事量を少し減らすことです。


空腹を感じる前に少しずつの食事をすることで、体に脂肪を貯め込みにくくなります。

そのためには1日5回前後の食事が理想的です。


空腹時は体が飢餓状態になっているので、体内に取り込んだ食事を燃焼させずに脂肪として貯め込もうとします。


この方法は即効性には弱く長く続けなければなりませんが、体への負担が少なく、生活習慣を改める機会にもなります。


ダイエット後のリバウンドもしにくく、何より健康で美しく痩せる事が出来るダイエット方法です。


「赤ペンダイエット」ノンフィクションダイエット日記 (60日間で10圓慮採未鮴功させたMIXIのナベ様が毎日のリアルタイムなダイエット日記を全て公開)



| 減量法 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
セルライトのつきやすい場所



体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られる傾向があるのが、最近よく耳にするセルライトです。

脂肪の貯蔵や放出をコントロールしている場所がレセプターです。

脂肪細胞の中に、このレセプター(受容体)があります。レセプターで脂肪が増えたり減ったりする中心的な役割を果たしています。


女性の太ももが痩せにくいのは、脂肪細胞の中に、このレセプターが、特に下半身に
多く配置されているからです。

ですから、男性に比べて女性の太ももは痩せにくくなっているのです。

太ももの脂肪細胞には、脂肪放出レセプターが1つなのに対して、貯蔵レセプターが6つあります。

ということは、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに比べて、脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということになるのです。

ですから、必然的に太ももは体の上半身などのほかの部位に比べて痩せにくくなっていることがわかっていただけたでしょうか。


その理由から、太ももなどの下半身はセルライトができやすい部分なのです。

一方、この脂肪に対するこれらの機能をみてみると上半身は、下半身とは全く逆なので、痩せやすく、太りにくいのです。


簡単エスカレーター式ダイエット法Special



| 減量法 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
セルライトとは



セルライトとは、思春期以降の太った人から、痩せた人まで、ほとんどの女性に見られる現象です。


原因は血行不良が皮下組織で起こったことが原因です。
それから、セルライトは妊娠線とも呼ばれます。

セルライトが出来てしまう原因は脂肪が急激についたり、胎児の成長などで皮下組織内で起こります。

結果的に体重は増加傾向になりがちです。

体脂肪の多い人や、皮下脂肪の多い下半身部分(お尻、太もも、など)や、二の腕に出来やすいようです。


セルライトが太ももなどにでき、悩むひとは大勢います。
太っていなくても代謝の低下や、血行不良などが主な原因です。
皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライトです。
贅肉のつきやすい、お尻、太もも、二の腕などに出来やすい傾向があります。


セルライトを「脂肪」だと思っている人も多いと思います。


実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで出来る、脂肪細胞の変性した状態の事をセルライトと言います。

セルライトは脂肪だと思っていましたが、脂肪ではないことに驚きました。


NLP右脳ダイエット・プログラム(モニター資格付き)

| 減量法 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ