美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
体脂肪率をチェックしよう



自分の体脂肪率を計測し、自分が今どのような状態でいるのかを知るために、まず体脂肪率をチェックする必要がありますね。


測定にはいくつかの方法がありますが、水中体重測定法、空気置換法、二重X線呼吸法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法などがあります。


これらの方法があるものの、なんとも聞き慣れないものばかりで難しく聞こえますが、体脂肪計で計れば簡単に測定できることなのです。

まず自分の体重が標準体重を超えていて、余分な脂肪が存在しているかを知るために、とにかく体脂肪率を計る前に自分の体重を調べてみましょう。


標準体重と比べた場合の数値はあくまでも目安で、体重の重さイコール肥満ではありません。

そして体脂肪率のチェックですが、運動している人としていない人、同じ身長で同じ体重であっても、体を占める筋肉と脂肪の比率は異なります。


この体脂肪率の数値が問題なわけで、これを基にして自分が本当に太っているかどうかの判断をしなければならないでしょう。


体脂肪率を計測する場合、気を付けなければならないことは、できるだけ同じ状態、同じ条件下で行うことです。


たとえ体脂肪を減らすほどの体重ではない場合でも、人の身体は年齢や生活環境によって変わるものですから、その状態を維持することは大切なことでしょう。

そして体重を減らさなければならなかったとしても、激しいダイエットは身体にいいことは何もないので、決してしないようにしなければなりません。


まずなによりも自分の生活習慣や食生活を振り返ってみて、改善すべき点がないか調べ、無理をすることなくダイエットをしていかなければなりません。



太っている、痩せているの判断材料としてるだけに体脂肪率をチェックするのではなく、本当に大切なのは、健康的な生活をするためなのだということを、忘れないようにしたいですね。

■ダイエット成功者が教える 3つの痩せる法則■>【 The LastDIET 】>リバウンドの繰り返しで痩せにくくなった身体でも すぐにスリムに!>筋肉落とさず体脂肪を撃退★

| リバウンドしないために | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
太る理由



太る理由は幾つの要素が複合していますが、その中で最も多いものは「摂取量>排泄量」という生活習慣が慢性化していることです。
けれど、まだ幼いうちから肥満気味な人も少なからずいます。


太る理由の一つに「肥満細胞」がありますが、これは大体幼児期までにできあがるそうです。

子どもが喜ぶから、ほしがるからといって、安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品を与えすぎてはいませんか。

大人になってもやせにくくなります。

しかし、逆に3歳までに、そんなに高カロリーな食物を食べていなければ、「肥満細胞」少ないのです。

脂肪が燃焼しやくい体質を作っておくことで、太りにくくなることができます。

後は、遺伝性の物もあります。


やはり自分の両親や、身内に肥満な人が多いと、自分も太りやすい体質の可能性が多いので、注意しなければなりません。


脂肪が増加する要因として、食べるカロリー量より使うカロリー量がずっと多いことがあげられます。

使わない脂肪が貯め込まれるのです。

現代人の多くは運動不足気味です。

それでいて食生活は脂質が多いので余ったエネルギーがよけいなお肉となり、痩せにくい体質を作っています。


素直に自分のありのままを受け入れて、自分らしさを認めることも大事です。

今の自分が一番なんだと開き直ってみると安心し、自分らしくいきいきと輝いて見えるようになると思います。


Amu&Ano式ダイエットプログラム{あなたはただ痩せれるだけで本当にいいのですか?}
| リバウンドしないために | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ