美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
メタボリック症候群とおそろしい病気
なぜ今、メタボリック症候群の判定基準や予防法が様々なところで言われているのでしょうか。


メタボリックシンドロームは、ある病気のリスクが高いと目されています。


メタボリック症候群が進行すると動脈硬化がおこります。


そしてこの動脈硬化はある程度進行しないとなかなか症状としてあらわれにくいやっかいなものなのです。


狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの病気が不意に発症するまで事態に気づかず、気づいた時には症状がかなり進行しているということもあります。



またこれらの病気は働き盛りに突然発症することが多いようです。


脳梗塞などの場合、生命は助かっても障害が残ることもあるようです。


そのために、国家をあげてメタボリック症候群の対策が求められているというわけです。


メタボリック症候群を放置しておくことは、動脈硬化へどんどん進んでいるということだと思ってよいでしょう。



ですから普段から運動不足の人や生活が不規則な人、食生活が乱れている人、肥満気味の人はメタボリック症候群のことを意識して小さなことからでも予防に努めることをおすすめします。



メタボリック症候群の予防が恐ろしい病気の予防につながるのです。


まずは朝、駅まで歩いてみるとか、エレベータをやめるなど簡単なことからメタボリック症候群の予防のために始めてみてはいかがでしょうか。





| メタボ対策 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
メタボリック症候群の予防
数年前からメタボリックシンドロームという用語が盛んに使われるようになり、テレビなどで扱われています。


具体的に、どういう状態のことをいうのでしょうか。


メタボリック症候群の可能性のある人は、このような数値が出た人です。


まず、メタボリック症候群の可能性がある大前提として、男性腹囲85センチ、女性腹囲90センチより大きいことが条件です。


メタボリック症候群は、早めの予防が大事ですので、疑わしき方はまず検査を受けましょう。


メタボリックシンドロームの診断基準は、腹囲が該当し、かつ高脂血症か高血圧か高血糖のどれか2個に当てはまることです。


40mg/dl未満のHDLコレステロールか150mg/dlの中性脂肪、もしくは両方に該当する人は、高脂血症と診断されます。


血圧の上が130mmHg以上、または下が85mmhg以上ならば高血圧。


両方が当てはまる時も高血圧です。


そして、空腹時血糖をはかって110mg/dl以上だった人は高血糖です。


まずは、病院でしっかりと血液検査などをしてもらいメタボリック症候群であるかどうかの判断をしてもらうことからメタボリック症候群の予防と改善は始まります。


症状が進むと血液中のコレステロールや中性脂肪が必要以上に増えて動脈硬化の原因になります。


動脈硬化が原因で起こる病気はおそろしいものです。


肥満が気になる人はまずメタボリック症候群の予防に努めましょう。




| メタボ対策 | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
メタボリック対策には食生活の改善を



まず行うべきメタボリック対策は、食習慣を改良していくことではないでしょうか。


まずエネルギーが毎日の食事でどれくらい取り込むことになるのかを知ることが、毎日の食習慣を改善するためには重要なことです。


どの程度の栄養素やカロリーが、どのような食品にあるかを理解しましょう。

そして、どのような栄養が含まれる食べ物をなるべく摂取するようにしなければならず、どんな種類の食品を少なくしなければならないのかということも重要なポイントです。

とにかく食生活について栄養の知識をつけて実行することです。


毎日の食事作りにおける調理方法を工夫して、普段の食事で取り込むエネルギーを減らすことが、メタボリックシンドロームの対策としては必要なことです。


脂を使った食事は1日1食に抑える、揚げ物の衣はなるべく薄くつける、肉類を食べるときは部位を考える、などといった食生活の改善対策をとってみましょう。



それだけではなく、食品の中でも体に良いとされるもの、多量の野菜、悪玉コレステロールを下げる青魚、玄米やライ麦パンなど食物繊維をいっぱい含んでいる食品などをどんどん体に取り込みましょう。



塩分を外に出す力のあるイモ類や、歯ごたえのある料理、などの健康にプラスになるとされる食品をメタボリック対策としてなるべく食生活において摂取するようにしましょう。



毎日の食事の習慣の中で、食事のリズムを整えて時間を決めて1日3回食事をする、朝食を摂る癖をつける、夜遅い時間の食事には注意するなどの工夫も必要だと言えるでしょう。



外食する時も、単品よりも定食を選ぶ、バイキング形式の食事などではカロリーの摂りすぎに気を付けるなどの気遣いも必要です。


メタボリック対策としては、ほんの少し食事の工夫をするだけでもかなりの成果が上がると思われます。


【メタボリック・ダイエット】 これまでの日本のダイエットの常識は捨ててください。365日返金保障!「たくさん食べて、運動は少しだけ」が、肥満大国アメリカでも本当に効果があったダイエット法なんです。
| メタボ対策 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
運動によりメタボリック対策をする



メタボリック対策として大切なのは、食習慣の改良と同じように運動をすることです。


脂肪がついてしまったお腹まわりをすっきりとさせなければならないのが、メタボリックシンドロームなのです。


ですから当然体を動かすことが必要になります。


体を強化するためにも、時間のある人は勇気を出してジムに通うこともひとつの方法です。


昔から運動が好きだった人は、もう一度体をよく使う運動を試してみるのも良いかもしれません。


そうはいっても、毎日の慌しい生活においてメタボリック対策の運動のためにわざわざ時間を作るのは、なかなか大変なことです。


無理をして運動の時間を作っても、そのしわよせによって、運動が苦になってすぐにやめてしまうようでは意味がありません。


特殊な運動をメタボリック対策だからといって、特別にしなけばれならないというわけではありません。


体脂肪を減少させるために、なるべく日頃のちょっとした空き時間、なにかをするついでに体を使い、メタボリック対策にすることが良い方法ではないでしょうか。


毎日の通勤の電車の中で、つり革につかまりながら、こっそり筋トレをすることもできます。


この他のメタボリック対策として気軽にできる運動には、エスカレーターやエレベーターではなく積極的に階段を利用するなどといったものもあげられるでしょう。


またメタボリック対策のために、バスや電車の停留所などをひとつ手前で降りて歩くことも運動になりますし、ランチタイムのレストランにわざと遠い場所を選ぶのも良いことです。


【メタボリック・ダイエット】 これまでの日本のダイエットの常識は捨ててください。365日返金保障!「たくさん食べて、運動は少しだけ」が、肥満大国アメリカでも本当に効果があったダイエット法なんです。
| メタボ対策 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
メタボリックシンドロームとは?



いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。


この原因は、なんといっても運動不足や過食などの生活習慣によると言われています。


まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を解消し食生活を見直すなどの生活改善が必要です。


40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。


そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在していると言われています。


とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。


身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なことです。


人には生まれつき体脂肪がつきやすい人もいて、これは肥満遺伝子によるものなのですが、このような遺伝子を持っている人は、特に食生活を見直して改善していかなければなりません。


運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。


メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。


【メタボ世代のムエタイダイエット】
| メタボ対策 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
やせるメカニズム



世の女性の多くが持つ願い、それはもっと痩せたいという思いです。


美容のため・健康のため・・・とその目的は様々ですが、では美しく健康的に痩せるにはどうしたら良いのでしょうか。


真のダイエットとは、ただ細くなることだけを意味するのではなく、スリムになるとともに美しさを伴わなければなりません。

さらに、一時的に痩せた状態になるだけでなく、その後もそのままでいられるようでなければ、本当のダイエットができたことにはなりません。


リバウンドのないダイエットをするには、まず体重を減らすことよりも「脂肪を減らす」ことを考えることが大切です。


上手にダイエットをするためには、痩せるメカニズムを知っておくと効果的に痩せることが出来ます。


本来人間の身体の中にある脂肪分は20〜15%だと言われ、残りの50〜60%が水分で、20〜30%が固形成分になっています。


これが食べすぎや運動不足などによってバランスが崩れ、脂肪の割合が多くなってくると、言われる「肥満」の状態となります。


この脂肪をなんとかして減らすことこそが、痩せたいという望みをかなえることにつながるのです。


体内の脂肪を減らすためには、なんといっても食事をコントロールすることと、運動によって脂肪の燃焼を活発化させることです。


さらに筋肉を増強し、基礎代謝、つまり私たちが日ごろ生活していくためにエネルギーを消費する力、これを強くすることこそが、痩せるために必要なメカニズムなのです。


痩せるためには、このように痩せるメカニズムを頭に入れ、それを合った食生活と運動をする習慣を身に付けることで、それこそが健康的なダイエットへとつながるのです。



ついに出た!再販売権付『絶対リバウンドしない脅威のダイエット法』
| メタボ対策 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
やせたいと思う理由



左をみても、右をみても痩せたいと思っているひとがたくさんです。

実際平均的な体重でまったく太っていないのにまだまだ痩せたいと思う人が多いのでしょうか。

平均的な体重でまったく太っていないのに、まだまだ痩せたいと思っているひとは多いはずです。

あまりに、美意識を高く持ちすげて、それと比較し自分に自信が無くなって痩せたいと思うからではないでしょうか。

例えば女性が恋をしたとき、自分をもっと魅力的に見てほしいと思い、痩せたいという気持ちが芽生えます。

また、年を取るにつれて生活習慣病などにならないために、痩せたいと思っている人もいるでしょう。

年代・性別関係なく痩せたい理由はそれぞれです。

女性だったら、痩せて綺麗に見られたいということは誰しもあることです。

以前に太っていた人がやせると自分に自信がつき、内面からも外面からも綺麗になった気がします。

自分は他の人に比べて太っていると思い込んでいる人か多いのも事実です。

本当は太ってなんかぜんぜんないのにも関わらず。
いつも通りの自分以上に無理をすることは、自分に負担をかける事にもなります。

そんな人は他のヒトへの要求も高く、ありのままに受け入れることが出来ない傾向があるようです。

自分自身を素直に信頼し、自分の個性を愛してみることも大切です。


これが自分なんだと開き直ってみると心にも余裕が生まれ、自分らしくいきいきとして、キレイになれると思うのです。


■CD-ROM版■ 【スーパーモデルダイエット】1日3分だれでもできる美容とダイエットのプロ現役モデルの非常識ダイエット
| メタボ対策 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ