美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
顔の毛穴を引き締める
洗顔やスキンケアが終わったら、顔の毛穴を保護するために、毛穴を引き締めることも大切です。


毛穴を開いたままの状態にしていると、ほこりや古い角質、そして汚れた皮脂などが入り込むことになり、毛穴の開きや黒ずみはさらに悪化することになる可能性が高いのです。



顔の毛穴を引き締めるためには、毎日ていねいに洗顔することと、スキンケア、それを継続することです。


角栓を取り除くために、正しい洗顔法を用いることが大事です。


洗顔の後は化粧水で毛穴を引き締めましょう。ビタミンC配合の化粧水を使うとさらに良いでしょう。



化粧水は冷蔵庫で保管してあるものを使うと、肌が冷却されて血行がよくなるので、毛穴を引き締めるにはさらに効果的です。



食生活においても油分の多いものを控えるようにすると、皮脂の分泌が抑制されて顔の毛穴の開きや黒ずみを引き起こすことがなくなるのです。



また顔のエクササイズを行うと、毛穴を引き締めることができます。


口を尖らせたり左右に動かしたりする運動を行うことで皮膚の血行をよくし、肌のたるみをとったり毛穴を引き締めたりする効果が期待できます。



顔の毛穴ケアを毎日必ず行うためには、洗顔の後に必ずするなど、毎日の習慣にしてしまうと良いでしょう。



毎日きちんとケアを行っていれば必ず引き締め効果を感じられるので、毛穴の黒ずみ根絶のためにがんばりましょう。




| メイク | 01:27 | comments(29) | trackbacks(0) | - |
洗顔で毛穴の黒ずみを解消する
顔の毛穴をするときにもっとも重要なのは、正しく洗顔することです。


正しい方法で毎日の洗顔が行われていないと、顔の毛穴が開き、黒ずみを作ることになってしまいます。


毛穴の黒ずみを解消する、正しい洗顔法を紹介しましょう。


まず顔の毛穴を開かせるために、洗顔前に蒸しタオルを2〜3分間顔にのせます。


入浴後にも毛穴は開いているので、そのタイミングでの洗顔もお勧めです。


石鹸や洗顔料は、洗顔の際しっかりと泡立てることが重要です。


泡立てをしっかりせずに指で力強くごしごし洗うような方法を取ると、顔の皮膚や毛穴は逆に傷ついてしまうので、気をつけるようにしなければなりません。


毛穴の黒ずみを解消する洗顔で一番重要なのは最後のすすぎです。


このすすぎのときに手を抜いたりしてしっかりすすがれていないために毛穴の黒ずみがなくならないことはよくあるほどで、最低でも30回は必要なのです。


洗顔した後は通常の保湿レベルからは水分が不足している状態になるので、乾いたタオルで水分を拭きとった後に十分な保湿と水分補給を肌に行うようにしてください。


洗顔を正しく行って保湿も忘れることなく毎日続ければ、顔の毛穴の黒ずみは間違いなく解消されていくことでしょう。


どんなに疲れていても、メイクだけは落としてから就寝するようにしましょう。




| メイク | 01:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
顔の毛穴の黒ずみ原因
顔の毛穴の黒ずみは案外目立つもので気になる人も多いようです。


では、その顔の毛穴の黒ずみとはどんなときにできるのでしょうか。


毛穴の黒ずみの原因は毛穴を詰まらせる角栓が原因です。


角栓とは顔の毛穴から分泌される皮脂と古い角質が絡み合うことによってできる固まりのことです。


本来は分泌された皮脂は、皮膚の外に流れ出たあと、皮脂膜で自然の保湿パックがされるのです。



しかし顔の毛穴の辺りが古い角質で覆われていると、外に出ようとする皮脂と絡み合うことになり、毛穴が詰まるのです。


しかも角栓ができやすい皮脂毛穴は、通常の毛穴の4倍くらいの皮脂を分泌するため、一度角栓ができるとどんどん大きくなり、固まっていくのです。



時間が経つと古くなった角質層がさらに毛穴の中に落ちるため、角栓は大きくなる一方なのです。



こういう経緯で皮膚と角栓が酸化を起こし、黒く変色するために、顔の毛穴の黒ずみを作ってしまうのです。



このような顔の毛穴の黒ずみを作らないために、皮脂が分泌されすぎないようにし、皮膚の表面をいつもきれいにしておくと、角栓ができないですみます。



角栓はできてしまったなら、押し出して角栓を取り除いた上で適切な洗顔を行うことにより、早めのケアをしておきましょう。


そうすることによって、顔の毛穴の黒ずみを早いうちに解消できるのです。




| メイク | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
眼瞼下垂のまぶた治療について





たるみの原因には、眼瞼下垂というまぶたを引っ張り上げる筋肉が細く弱くなるものがあります。


この場合、切開法は効果がありません。


脂肪が原因ではないためです。


形成外科や眼科でも、眼瞼下垂手術は行われています。


この手術には保険を使うことが可能です。


たるみの原因が眼瞼下垂及び脂肪の人もおり、そのような時眼瞼下垂手術と切開式は併用されます。


眼瞼下垂は生まれつき筋肉や神経に原因でたるみが出る先天性と、加齢や目を酷使する行為、パソコンの長時間使用などによる筋肉や皮膚の弛緩によってたるみが出る後天性があります。



眼瞼下垂の原因が後天性の人に対する手術は、これまでは挙筋短縮法という眼瞼挙筋を一部切除して全体を縮めるという手法が用いられてきました。


直接筋肉を縮めるので重度の眼瞼下垂に対しても有効に作用します。


しかし、交感神経と非常に関わりの深いミューラー筋を傷つける可能性があります。


そのため、まぶたの筋肉に問題がなければ、挙筋前転法が有効な治療方法です。


筋肉を切除せずに処置できることが利点で、挙筋腱膜と瞼板を調整しながら固定し直すというものです。



どの医療機関でも可能というわけではないのがネックで、手術には経験値や技術力が必要とされていますが、後天的な要因で眼瞼下垂になった人には有用です。挙筋短縮法という方法は多くのクリニックで導入されていますが、実際に正しい術式で治療されているとは限らないので注意が必要です。



バストアップ豊胸術がインターネット限定で特別価格でご提供。
今なら「10%割引クーポン」プレゼント実施中!
整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
インターネットで無料診察予約も出来ます。

| メイク | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
切開法でまぶたのたるみを解消する





まぶたのたるみの原因の一つに目の回りの脂肪があります。


たるみ除去手術には、まぶた切開法といってたるみの原因となる脂肪を直接取り出すという方法があります。


加齢等で目元の皮膚にたるみが多く出るようになった人や、まぶたの脂肪が多く腫れぼったいたるみがある人に適したまぶたのたるみを解消する方法です。


どの部分の脂肪を除去するかによって、肌のどこにメスを入れるかが決まりますが、いずれかの場所を切開しなければなりません。



まぶたの上側のたるみを取り去る時は、二重に沿うように切るか、眉の下などを切ることになります。



下まぶたのたるみを解消させたい時は、まつげの生えている付近を切開してたるみの原因である脂肪や余計な皮膚を切除します。



二重のラインを切開する場合、切開の跡は二重のラインと重なるので非常にわかりにくくなります。


上下のまつげのラインに沿ってたるみを切除し、縫い合わせるまぶたのたるみの切開方法もあります。


大体60分ほどかかる施術で、術後はまぶたが腫れる恐れがありますが、数日で引きます。


元々、打ち身や歯の治療で腫れやすい傾向がある人は、腫れが強く出るかもしれません。


じきに腫れが引くので、しばらく待ちましょう。施術当日は化粧や顔を濡らす行為は厳禁です。


また、後日、抜糸のために再度通院しなければなりません。


施術には麻酔を使います。


施術部位や麻酔の効きによって、痛みの程度には個人差があるようです。



『厳選 美容整形 外科』のみの一括検索予約サイト。

施術の価格は、クリニック側の予約状況によって、日々変化致します。

毎日チェックの価値あり!

| メイク | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
注射によるシワ取り





シワ取りに有効な薬液を注射によって注入することでシワを取る方法もあります。


元々真皮層に存在するコラーゲン、ヒアルロン酸を皮膚に注入します。


この注射で、シワの溝のへこんだ部分の下を持ち上げてシワを消すのです。


よく冷やした皮膚に細い針を注射をすることになります。


痛みは少なく、小ジワの処置なら20分程度とごく短時間で終わります。


シワの下に注入した薬液は、しばらくは皮膚を押し上げていますがいずれは吸収しれなくなってしまいます。


また、美容外科で使うコラーゲンは子牛の真皮から精製したものです。



アレルギーテストが必要になりますので、シワ取り手術を受ける前に1ヶ月は経過を見なければなりません。



目の下の小じわ、鼻の両脇にできる線などのシワ取り手術として、シワ部分の下の皮膚にヒアルロン酸を注入する方法が広く使われています。



人体にはヒアルロン酸が元来含まれており、真皮の下から皮膚を押し上げて、シワを消す役目を担っています。



生来のヒアルロン酸と異なり、シワ取りで注入したヒアルロン酸は体内に入ると徐々に分解され吸収されるため、一年弱でなくなります。



ボトックス注入法は皮膚の下からシワを押し上げるのではなく、筋肉に作用してシワを消すという手術です。


ヒアルロン酸注入とボトックス注入をうまく併用することで、シワ消し効果が高まります。



話題の24時間うるおい持続ジェルとは・・?
| メイク | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
手術によるシワ取り





現在のシワ取り手術は昔よりずっと安全かつ簡単になりました。


シワやたるみが発生しやすい顔の部分はたいてい一緒で、口元、目元、首、頬などとなりますが、どこも手術でシワ取りをすることができます。



シワ取りの手術には入院の必要はなく、翌日からも人前に出ることができます。


皮膚のたるんだところを切除するため傷跡が残ってしまいますが、まつげや髪などで目立たない場所であるため、特に心配はいりません。



シワ取りの手術後の状態は、仰向けになって鏡を見た時のような状態になります。



頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。



皮膚を切り取ってしまうだけでなく筋肉を斜めに引っ張り上げた方が、シワ取りの効果が長く持続し、このやり方で鼻の横や目元のシワをなくすことができます。



目の下にあたる部分のシワ取り手術は、まつげの生え際で皮膚を切り取ります。



手術をすると、まぶたの下に皮下出血したように色がつきますが、これは一週間程度で消えます。



額部分のしわを取るには、生え際から数センチ程度髪の中側に入ったところで皮膚を切除し、皮膚を引っ張って持ち上げます。



この手術のよい点は、額の皮膚が厚いことから腫れたりすることがほとんどないことです。


表在性筋膜に手を加えてたくし上げるような施術をする美容外科医もいます。


オーラスキン 新作ファンデーション誕生!
| メイク | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
シワ取りの仕組み





シワは年を取るにつれて増えてゆきます。


シワはなぜできてしまうのか、また、シワを取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。



人生の年輪とも言えるシワは、皮膚の奥にある真皮層と呼ばれる部分が加齢によって壊れることでできあがります。


コラーゲンが多く含まれる真皮層は弾力がある層になっていますが、この層が破壊されると皮膚の表面が波打ったような状態になります。



一方、皮膚の表面には凹凸がありますが、細く凹んだ部分は皮溝と呼ばれ、皮膚表面を編目のように走っています。


真皮層が衰えることで皮溝が深くなりシワが形成されますが、シワの除去とはこうした皮溝を浅くすることです。



皮膚は筋肉の運動に沿って伸びたり縮んだりします。


目や口周辺のシワは最も気になる部分ですが、この部分のシワは表情筋と呼ばれる顔面の筋肉によってできます。


普段シワの目立たない人でも、笑うと目や口の周りにシワができます。


加齢と共にこのシワは深くなり、表情筋に力を入れなくとも残るようになります。


シワ取りによって取ってしまいたいシワの最上位にくるものですが、表情が豊かであるほどできやすく、笑顔が多いほど横方向にシワができます。



シワを作らないようにと表情を消して生きていくのでは面白みのない人生になってしまいますので、顔のシワを目の敵にせずに受け入れて、シワ取りはほどほどに笑顔で日々を送った方がよいのではないでしょうか。


【モニター実証】使用感に96%の方が満足!

| メイク | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
洗顔前の準備





洗顔は案外自己流で行っていて、その法方について詳しく知っている人は案外少ないかもしれません。


洗顔の正しい方法を知ることが洗顔の効果をアップさせるポイントで、顔を洗う動作そのものには時間はそういりません。



顔を洗うときは、髪が邪魔になってしっかり洗えないようなことのないよう、ヘアバンドなどで髪をまとめあげ、額や耳の前、それから髪の生え際などもきちんと洗えるように準備しましょう。



洗顔前の準備として石けんで手をよく洗ってください。手が汚れていると洗顔料の泡立ちがいまいちなので、手をよく洗うことも洗顔前の準備では大切な事です。



毛穴を開かせるためにぬるま湯を顔全体にかけることから始めます。


この段階で、顔についた軽い汚れやほこりを落としてしまうようにします。


顔全体にぬるま湯をかけておくと、洗顔料がなじみやすくなるという点もあります。


熱すぎるお湯を洗顔に使うと肌が乾燥してしまうことになるので、少し温かいくらいのお湯を使うようにするのがベストです。


入浴時にからだにかけるお湯で顔を洗ってしまう人は、少しの水でぬるめてから使ってください。



その後洗顔料をしっかり泡立てて、できるだけきめの細かい泡を作るため、空気をたっぷり含ませるようにして卵大の泡を作ります。



洗顔では顔をこすってはだめで、泡によって汚れを包み込むようなつもりで取るのがいいのです。


しっとりお肌のために洗顔石鹸ファンズラブ

| メイク | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
洗顔料の選び方





洗顔方法を決める前には、まず自分に合う洗顔料を使わなければなりません。


どんな洗顔料を選ぶかによって、洗顔の良し悪しが左右されるのです。


洗顔料の宣伝では、弱酸性の優しさを強調した商品が多いように思えます。


人の皮膚の表面が弱酸性だということに注目して、同じ弱酸性で皮膚への負担を軽くしようとしているのです。



しかし、弱酸性の洗顔料を使用したところで、洗い流しに使用される水道水は中性です。


弱酸性にこだわって洗顔しても、洗顔直後の肌はいつも中性であるということです。


人間は肌にアルカリ中和能力というものを備えていて、肌が一時的に中性やアルカリ性になった時でも弱酸性に戻してくれます。



洗顔が終われば化粧水を使うと思いますが、その化粧水は弱アルカリ性なので、その時点で肌は弱酸性に戻ります。



どのような洗顔法方をとる場合でも、とにかく弱酸性を、とこだわって洗顔料を選ぶ必要もありませんし、弱酸性であれば心配ない、というわけでもないということは覚えておきましょう。



洗顔方法の第一として、洗顔料を選ぶ時は酸性かアルカリ性かではなく、自分の肌質に合ったものを選びましょう。



肌質が乾燥肌か、脂性肌か、それとも混合肌かで使う洗顔料も違ってくるのです。


しかし、しっとりタイプの洗顔料といっても油分もしくは保湿剤が含まれているかの違いで、適度な油分は肌にも良いものの、それが多すぎるとかえって乾燥を招くことになるので気をつけなければなりません。


「すごい泡」の秘密とは
| メイク | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ