美容と健康のこだわり

効果的な美容法や健康法を掲載中 !
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
抜け毛の予防
抜け毛の予防に役立つ情報をご紹介します。


抜け毛の予防は原因に応じていろいろとあります。


シャンプーは髪の毛や頭皮を常に清潔に保つために大切です。


シャンプーで、1日に1回必ず頭皮の汚れを落とすことをおすすめします。


ヘルメットなどを仕事でかぶる人は特に注意したほうがよいでしょう。


洗髪を過度にしすぎたり、すすぎをきちんとしなかったり、シャンプーが自分に合っていないと効果はありません。


抜け毛の予防に育毛剤がよいでしょう。


育毛剤の種類によって予防効果もいろいろですが、共通して頭皮の栄養バランスを良くしてくれるので、格好の抜け毛の予防ツールになります。


抜け毛の予防方法の中でもマッサージは簡単にできるものとしておすすめです。


頭部はマッサージによって分泌バランスが良くなるのです。


もうひとつ大切なのは、ストレスをためないことです。


生活をする中でストレスを全くためないのはなかなか難しいですが、ストレスを感じたら、すぐにいろいろと工夫して発散するようにしましょう。



生活習慣を規則正しいものにするということは、抜け毛の予防の基本だといえます。


食事は腹八分目を心がけるともに禁煙、お酒の量を抑えることも大切です。


また睡眠時間を充分に取るようにしてください。


普段の生活の中で予防を心がけることで抜け毛を抑えることができるでしょう。


もし薄毛や抜け毛が目立つ場合や気になってしまったら、1人で悩まないで、専門の医療機関へ行って診てもらうようにしましょう。


個人で原因などを判断することは困難なことですので、専門医に相談するのが一番です。


抜け毛は様々な原因が重なって起こるものだからです。





| 脱毛 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
抜け毛の原因
人によっていろいろと違うのが抜け毛の原因ですが、大きく分けると以下の4つになるのではないでしょうか。


抜け毛の原因の1つ目は遺伝です。


遺伝的な要因が抜け毛にはあると考えられていますが、現段階では、まだはっきりとは証明されていません。



抜け毛が遺伝によっておこる場合は、隔世遺伝するケースが多いという報告もあります。


男性ホルモンが頭部に運ばれやすいという特徴が、抜け毛になりやすい体質のにはあるのも事実です。



抜け毛の原因の2つ目はストレスです。


ストレスによって頭部の筋肉が収縮してしまい、結果として髪の毛が成長出来なくなるのが抜け毛の原因です。



過度のストレスによって引き起こされると考えられているのが、毛髪が円形に抜けていく円形脱毛症なのです。



生活習慣は抜け毛の原因の3つ目としてあげられます。


充分に髪に栄養がいかず髪が育たなくなる原因は、食事の栄養バランスが偏ったり生活リズムが崩れる事なのです。



これは抜け毛の原因となりやすいものなのです。


疲れが睡眠不足で取れない時、身体機能が低下してしまいます。



そのときに1番最初に影響があるのが頭髪です。


そのうえ真っ先に栄養が止められるのも頭髪です。


臓器、細胞への栄養が不足した時そのような事になってしまいます。


4つ目の抜け毛の原因はかぶりものです。


オシャレとして帽子をかぶる習慣があったり、仕事でヘルメットを常時かぶっていたりすると、抜け毛になりやすいという報告もあるようです。



これらのかぶりものによって髪の毛周辺が蒸れ、その結果髪の毛が弱ってしまいます。



抜け毛の原因がどの状態に当てはまるのか、どんな複合的要素が抜け毛の原因なのかを知る事が抜け毛予防の第1歩につながり、抜け毛に悩む人には必要な事です。





| 脱毛 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
抜け毛の基礎知識
洗髪後、排水溝に溜まった抜け毛にドキッとした経験はありませんか。


髪というものは、本来常に生え変わるものであり、一生き抜けない毛はないのです。


また抜け毛の進行速度は、ゆっくりだったり急速だったり人それぞれで個人差があります。



抜け毛が自然脱毛によっておこる場合は、健康な髪がヘアケアサイクルと呼ばれる発生期・成長期・休止期・退化期というものによっておこる自然な抜け毛だといえます。


自然の抜け毛であるといえるのは、一般的に1日の抜け毛が100本程度迄ではないでしょうか。


年齢とともに抜け毛が増え、コシがなくなったり、ボリュームがなくなったと感じるのも、加齢現象の一種で普通の抜け毛の状態です。


また秋は抜け毛が増える事があり、1日200本〜300本抜ける場合もありますが、これもそれほど気にする必要はないようです。


ですが抜け毛に対する注意は不可欠です。夏の紫外線や、夏バテによる食生活の乱れなどが原因の場合もあるからです。


ヘアサイクルが狂い、退化期になる前に毛が抜けてしまうのが、異常脱毛による抜け毛の場合です。


結果として薄毛となり、やがて薄毛が進行して行く事です。


見るからに抜け毛の量が増えているというときは、注意したほうが良いでしょう。


特に、抜けた毛の根の毛球の下にしっぽの様なものがついていたり、左右が対象でなかったりする場合は異常脱毛の可能性がありますので要注意です。


| 脱毛 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
肌に負担をかけない脇の永久脱毛





肌に負担をかけない脱毛方法、毛の再生を防ぐ脱毛方法を永久脱毛といいます。


毛の再生を防ぐには、毛そのものだけでなく毛根も処理します。


毛の再生は毛根で行われるので、再生できないようにするのです。


レーザー脱毛は、肌に過度の負担をかけずに永久脱毛を可能にする画期的な方法の一つです。


人体への影響のない安全なもので、毛根の黒さに反応するレーザー光を使うので、危険性はありません。


レーザー脱毛では、レーザー光を毛根部分に照射します。


繰り返しレーザーを当てることで毛根を確実に破壊し、ムダ毛の生えない脇の下します。


レーザー脱毛に興味を持たれたなら、脱毛専門サロンや脱毛を扱っているエステを確認してみましょう。


医療機関などでも可能です。


専門の医療機関なら看護士から施術を受けることができますし、レーザー脱毛士などの脱毛資格を持っている人もいます。


トラブルが発生した場合の保証内容も確認しておきましょう。



ムダ毛を処理する以外のことにも、レーザー脱毛の効果はあります。


毛根を破壊し毛が無くなることによって毛穴が引き締まりなめらかな肌になるメリットもあります。


自宅で脇毛の処理をすると凹凸が目立ち毛穴が開いたままになりがちですが、これは脇毛の太さ、濃さに関係しています。


脇の下の皮膚は薄く、とてもデリケートな部位です。


脱毛処理で負担をかけすぎないよう、レーザー永久脱毛などを検討してはどうでしょうか。


気軽にできるからと自己処理の繰り返しで、脇の下の肌に負担にならないようにしましょう。


脱毛/美顔/痩身 ピュウベッロ
| 脱毛 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
自分でできる脇毛の脱毛方法



自宅で可能な脱毛方法には幾つかあり、それぞれに特色があります。


最も多くの人が行っている脱毛処理は、かみそりやシェーバーを用いて脇毛をそり落とすという方法です。


脚や腕のように広範囲な部位に対しては早く簡単に自分で脱毛処理ができます。


とは言え、脚や腕のムダ毛と異なり、脇毛は色が濃く太いという特長があります。


完全な脇毛の脱毛処理をすることは、カミソリやシェーバーでは困難です。


毛の断面が太くなると、逆に皮膚に埋もれた部分が目立つようにもなります。


毛抜きで脇毛を抜く方法の場合、皮膚に埋もれた部分が残ることがないので、比較的キレイに仕上げることができます。


自宅で可能な脇の毛の処理としては、脇毛を脱色し目立たなくするものや、脱毛シートやクリームで毛を溶かすというものもあります。


自分でできる簡単な脇毛の脱毛方法の場合、肌に負担をかけてしまうものばかりです。


皮膚の下には毛の根本に当たる毛根という部分があり、毛根が存在している限りは毛が作り出されます。


あまり頻繁に脱毛処理を繰り返すと、皮膚に刃物が当たってカミソリ負けが起きたり、肌荒れや湿疹の原因になりがちです。


脇毛はでるだけ処理したい部位ではありますが、かといって肌が荒れてしまってはどうしようもありません。


脱毛後のスキンケアを正しく行うことにより、自宅で脱毛をした後に敏感な状態になっている肌を優しく労り、荒れないように気をつけるべきです。


超音波脱毛器チャームエコー
| 脱毛 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
永久脱毛の仕組みについて





レーザー永久脱毛という言葉だけでは、何をするかわかりにくいものでしょう。



新しい髪を作り出す部位は毛根といって、皮膚の下に埋まっています。


皮膚から出た毛だけをかみそりや毛抜きで除去しても、毛根そのままなので毛は作られ続けます。


永久脱毛をするには、毛を作る毛根レベルで対処しなければなりません。


毛が生えてくる度に、かみそりで処理をしていたのでは常に肌に負担をかけることになり、皮膚はボロボロになってしまいます。


毛の処理による肌への負担を防ぐためには、毛根を破壊して毛の再生を停止させることが必要となります。


毛根を破壊して毛の再生機能を停止させてしまう方法を永久脱毛といいます。


人体への影響を懸念されるかもしれませんが、永久脱毛処理をレーザーで行うことで毛根だけを破壊し、それ以外の場所には無害です。



永久脱毛に用いるレーザー光は赤外線の一種であり、熱さや火傷の心配はありません。


レーザーの跡が残るリスクや皮膚ガンの心配もありませんので、安心して受けることができます。


ただし、軽度の赤みが脱毛処理後2〜3日ほど続く可能性はあります。


しかし、その場合でも赤みは数日でおさまります。


レーザー脱毛処理を受ける際には、光に対するアレルギーがないことが条件になります。



また、日焼けや色素班など、毛根以外に黒い部分がある人は向いていません。



レーザーによる永久脱毛の施術は控えるようにした方が良いようです。


渋谷・原宿のエステファーストビューティー
| 脱毛 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
永久脱毛のサロン選びのポイント





レーザーによる永久脱毛を受けられるサロンはひとつではありません。


医療機関や脱毛を専門にしているサロンやエステなどでレーザー永久脱毛の施術を申し込めます。




エステでも永久脱毛を受けることはできますが、脱毛専門サロンの施術メニューには脱毛以外のものがありません。


光を照射して毛根を焼き切るレーザー永久脱毛では、専門のサロンならではの工夫が盛り込まれていることもあります。


ワキの下やすねなどの一般的な永久脱毛処理だけではなく、細かな部分の脱毛が可能なサロンもあります。


医療機関でのレーザーによる永久脱毛は、医学脱毛士の有資格者か看護士による永久脱毛施術をうけることができます。


医療機関で取り扱われている脱毛機器は高出力のため、短期間で脱毛施術済むという特徴があります。


レーザーによる永久脱毛処理を受ける際に、確かな脱毛技術がある有資格者にお願いできることが医療機関のメリットでしょう。


料金体系はサロンや医療機関によって異なり、体の数カ所を脱毛するものや、単品のコース等から選べます。



額や頬などの永久脱毛は6万円前後、口の周りやまゆげの永久脱毛に4万円前後という値段が大体の目安ですが、値段設定には差異があります。



1度で脱毛処理が終わるわけではないので、施術が完了するまでの費用を計算してみるべきです。




永久脱毛には、保証制度を実施している脱毛サロンもあるので事前にチェックしておきましょう。



「安いからいったのにいっぱい買わされた!」「ぜんぜん

予約が取れなくて期間内に終わらなかった!」「痛くて途

中でやめちゃった!」等々、脱毛に関する悩みはよく聞き

ます。そんな思いをしないためにもお店選びは重要ですよ

ね!

| 脱毛 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
男性用の脱毛剤





最近では相当な数の男性用の脱毛剤が売れているようです。


女性だけが脱毛剤を使うというイメージがあるのですが、最近では脱毛剤も男性用のものが多く流通しています。


女性用の脱毛剤に比べて、男性用の脱毛剤は男性の濃い髭や胸毛、すね毛にも対応できるように脱毛成分が特に多く含まれています。


男性用の脱毛剤の利用に向いているのは、朝にシェーバーで剃っても夕方に生えてくる様な、発毛サイクルの早い人、剃り跡が青くなって目立ってしまうような人です。


ひげ剃り後に塗るだけのタイプの手軽に使える脱毛剤もあります。


体毛が濃い男性の場合は、一気に減らせるものではありません。


抑毛剤を併用しながら、カミソリなどによるひげ剃りと脱毛剤を使って気長に取り組んでいくタイプのものが良いかもしれません。


毎日の習慣として、ヒゲを剃った後でぬるま湯で洗顔し、その後抑毛ローションなどの脱毛剤を使うようにします。


これにより少しずつ毛を減らしていくことができるのです。


ただし、すね毛などは抜きすぎないように注意することが大切です。



男性用の脱毛剤がよく売れているといっても、男性はある程度の毛があることが自然だからです。


女性だけでなく男性でもスキンケアは必要です。


脱毛剤などできちんと手入れをすることで、健康的な肌を保ち、それが自信に繋がります。


そして思いもかけない効果があるかも知れません。


5年前ぐらいから脱毛に悩まされていました・・
| 脱毛 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
脱毛ワックスと脱毛テープ





毛剤の一種である脱毛ワックスは、暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がし、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤です。



広い範囲の足や腕などの毛を一度に抜き取ることができるワックスは、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができます。


長さが2ミリぐらいある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛してしまいたい人に向いているのがこの脱毛ワックスです。


脱毛ワックスを使った場合、しばらくするとまた毛が生えてきます。


何故なら毛根部まで抜いたわけではないからです。


また皮膚の再生が早い人の場合は、肌表面が鳥肌状になったり、埋没毛になることもあります。


感覚には個人差がありますが、脱毛テープを使用する際は、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴うことがあります。


しかし慣れてくると痛みは、ほとんど感じないくらいになるでしょう。


人によっては、いつまでも慣れることのない痛みであることも脱毛テープの場合はあるようです。


脱毛テープを使用した後、肌が赤くなることもあります。


毛抜きを使った時のようになりますので気をつけましょう。


皮膚がぶれたり、腫れたりする可能性もあります。


剥がす際に皮膚が傷つけられることが原因です。


薬品を全く使わない脱毛ワックスも、数ある脱毛剤の中にあるようで販売されています。



脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人、肌の弱い人は、こちらをまず使ってみると良いでしょう。


あなたの身になって考える「美容整形クリニック」です。
| 脱毛 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
脱毛クリームは人気のある脱毛剤





脱毛クリームは、薬局などで出回っている脱毛剤の中でも、人気があって売られている数が多いものです。



脱毛剤の中でも脱毛クリームは手軽なものです。



痛みがなく、安価に購入できるので軽い気持ちで試すことができるでしょう。


市販の脱毛クリームはアルカリ性で、特殊な化学反応により毛を溶かすことで脱毛処理ができます。




脱毛剤がクリーム状になっているので、それを皮膚に塗ってしばらく放置します。


その後、洗い流すか、ふき取るなどして利用します。


脱毛する時に、皮膚から露出している毛を溶かしてしまうのが特長といえるでしょう。



毛根までは処理できないのが脱毛クリームです。


そういう意味では脱毛剤ではなく除毛剤の部類に入るといえます。


毛根まで溶かすタイプの完全脱毛クリームの商品も少ないですが売られているようです。


脱毛クリームで溶かした毛は色々な方向を向いた状態で溶け切れています。




皮膚から出てこないまま伸びる埋没毛になってしまう等の危険性があるので、注意が必要です。


脱毛クリームは、毛だけを溶かすものです。


そうはいっても皮膚にもかなり負担がかかります。



敏感肌の人、肌の弱い人はかぶれや炎症を起こしやすい危険性がありますので気をつけましょう。


初めて脱毛剤を使い始める時は、まず目立たない部分で脱毛剤をテストして自分の肌質に合うかどうか確認するようにすると良いでしょう。


オンライン予約キャンペーン実施中!両ワキ5,000円から脱毛体験

| 脱毛 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
家庭の裏技100選
生活に役立つ裏技を紹介しています。
メルマガ登録・解除
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ